西側先進国=非BCG国は新型コロナによって没落するか?



8DCE7C20-C9BB-4530-9F4D-8F955E60775C.jpg

これは世界の国々で、結核予防のためのBCG接種をどのように行っているのかによって色分けされている。BCGは、結核を予防するワクチンの通称であり、ワクチン開発に関わったフランスのパスツール研究所の研究者の名前を冠した菌:Bacille Calmette-Guerin(カルメットとゲランの菌)の頭文字をとったものであり、生後1歳までに接種される。

A(黄色): 現在、BCGの予防接種プログラムが実施されている国

B(紫): 以前は誰にでもBCG予防接種を推奨していたが、現在は推奨されていない国
中止した年は、スペイン1981年、ドイツ1998年、イギリス、フランス2005年~2007年など。

C(オレンジ):BCGワクチンの普遍的な接種プログラムが無い国

で、この国々を見ていて気づくことは………ざっくり結論を言うと、BCGの接種が行われている国では、COVID-19の広がり方が遅いという「相関性」があることについての指摘である(注:「相関関係」があるからといって「因果関係」があるかどうかはわからない)。

例えば、スペインとポルトガルは隣国同士だが、前者はBCGの接種プログラムが無く、後者は実施されている。拙記事執筆時点で、スペインの感染者数は65,719、ポルトガルは4,268である(数字はJohns Hopkins UniversityのCOVID-19マップに基づく)。【追記】スペインの人口は2018年で4666万人、ポルトガルは1029万人なので、unproportionalにスペインで感染者が多いことになる。

さらに興味深い比較としては、旧東ドイツと旧西ドイツが挙げられており、前者はソビエト型のBCGワクチンを接種し、後者は西ヨーロッパ型のBCGワクチンを1998年まで使用していた。

患者の分布は圧倒的に旧西ドイツ側に多い。



アメリカ、イギリス、フランス、ドイツなど西側先進国が、ここ数十年、世界のリーダーとして、この世の春を謳歌して来た。

これら国々は衛生面でも先進国であったが故に全て非BCG国であり、コロナとBCGに相関関係があるとすれば、今回のコロナによる経済的な打撃はより深刻となる。

今回のコロナの影響により、世界経済の様相がどこまで変わり、果たして世界のリーダー役の交代にまで結び付いて行くのだろうか?

この記事へのコメント

  • もふもふ 【タクシードライバー】

    ゴマちゃんさん

    ありがとうございます😊
    統計的には一見関係がありそうで、期待しています!

    安価で大量生産出来る薬が早く出来ると良いですね〜

    >ゴマちゃんさん
    >
    >BCGに相関関係が有る様なので驚きですね。
    >早く薬が出て欲しいものです。
    2020年04月07日 09:42
  • ゴマちゃん

    BCGに相関関係が有る様なので驚きですね。
    早く薬が出て欲しいものです。
    2020年04月05日 08:26
ランキングバナーをポチっとして頂けましたらとても嬉しいです!更新の励みになります(^^♪

FC2 ブログランキング

転職活動ランキング

ドライバーランキング
にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ

にほんブログ村