【日本交通分会】第4回団体交渉が行われる! 乗務員負担を断固廃絶せよ!!!

【日本交通分会】第4回団体交渉が行われる! | 日本労働評議会交通運輸, 日本交通 | https://www.rouhyo.org/transportation/1998/ 日本交通はコロナの初期対応の一環で、新人補償給の「無期凍結」と勝ち目のない下手を打った。 そのせいで完全に労評に捕まった。労評は苛烈かつ強力そうだ。 この接点を突破口として、敷いては業界全体の労使慣行が近代化されることを期待したい。 ■□■ 乗務員負担は撤廃を求める!乗務員負担の撤廃に関しては、労評役員達(元・タクシー乗務員)から「労働者にとって働きやすい環境を整えることが、ひいては資本にとっても利益になる」という労評の基本的な方針を伝えていただくとともに、同業他社に勤めていた経験から、日本交通の労働環境は他社と比較して決して良くないことを伝えて頂きました。また、乗務員負担の問題は賃金が法令通り支払われていない問題とも密接に関連していることから、解決策として「賃金規定の改定」や「洗車手当」を1乗務1,000円支給することを提案するとともに、根拠法令として、臨時国会衆参付帯決議や国交省通達(関係法令・通達)の資料を手渡しました。今後は、これらの法令をテコにして「通信手当」や「帰路高速手当」なども提案していく予定です。日本交通資本は、この問題に関して、賃金未払い裁判を起こされる危機感を持っているのか、自主解決する必要があるとの認識を匂わせていました。次回の団交からは資本側の顧問弁護士も参加するそうなので…

続きを読む

コロナ禍での忘年会シーズンはどうだったか?

前月と比べてみる。 そして、昨年とも比べてみよう。 感覚で何か言う前に、グラフ化して見てみよう!横軸は隔日勤務一出番の税込み営業収入、縦軸は出番数だ。 11月の平均が51000円だったのが、12月は5000円アップして56000円になった。 12月は12出番中7回と安定して50000円台が出せるようになり、悲しい日も3万円台ではなく、4万円台と改善した! 前月よりは幾分かマシ。「楽しい♪」と言える程の忙しさ、工夫のし甲斐もあった。 とは言え数字の絶対値は、冷静に見てみるとさほど高くもない。 前年比など論外。2019年の12月は悪い日が7万円台。対して、今年の12月は一番良い日でも6万円台とかすりもしない。まるで別世界だ!!! ■□■ 悲しい月日の中にも、ちょっとした盛り上がり、楽しさも見いだせたかな。​​ 良く言って、そんなところか。。。 そうやってでも、なんとか気力を繋いで行こうか。。。 👍少しでも共感頂けたようなら、是非クリックして下さい。お願いします。

続きを読む

2020年度月毎の営業収入を省みる

​​  7万、8万やってたのが、コロナ後はなんとか5万。 年の瀬に向けて、やっとそれくらいになった。 月度    売上    回数    出番 1    80891    42    10 2    71277    36    12 3    72545    36    2 4             5             6             7    27510    18    4 8    43025    26 &nbs…

続きを読む

ランキングバナーをポチっとして頂けましたらとても嬉しいです!更新の励みになります(^^♪

FC2 ブログランキング

転職活動ランキング

ドライバーランキング
にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ

にほんブログ村