2020年02月26日

自動運転スタートアップ小馬智行、トヨタなどから5億ドル調達

C7CE0305-7BD2-4348-AB9D-9F6D0ACFFB1A.jpg



小馬智行さん?誰??(笑)

日本人男性の名前では無いようです!



2020年2月26日, 11:38
自動運転スタートアップ小馬智行、トヨタなどから5億ドル調達=関係筋
Reuters Staff
[香港/北京 26日 ロイター] - 自動運転技術のスタートアップ、小馬智行(Pony.ai)が約5億ドルを調達したことが関係筋の話で明らかになった。出資手の筆頭はトヨタ自動車(7203.T) で約4億ドル投資したという。事情を知る2人の関係者によると、今回の資金調達で小馬智行の企業価値は30億ドル程度と試算される。

小馬智行は米シリコンバレーに拠点を置く創業から3年の若い企業。中国の検索大手バイドゥ(百度)の元幹部とグーグルとバイドゥの元エンジニアが共同で創業した。同社はほとんどの状況で自動運転システムに運転をまかせられる「レベル4」の達成を目指し、米カリフォルニア州、中国の北京市や広州市で運行試験を実施。

今回の資金調達は、自動運転タクシープロジェクトや、その他技術の開発に充てられる見通しという。



ふーむ。自動運転タクシーですか!

日本でも


こんな風に楽しく、はしゃいだ感じでレポートされております。将来のためには貴重で偉大な一歩ですね〜


ただ辛口に言ってしまうと、残念ながらこんな次元では、比較対象は都市型モノレールや遊園地の乗り物レベルだと感じるのは私だけでしょうか?

「自在に、どこでも、いつでも行ける」がタクシーの売りの筈ですね〜

そういう観点からすると。。。

テクノロジーの進化だけでは、BRT風の機能限定版ならさて置き、僕らが存命中は、普通の言わば「万能型タクシー」との置き替えは一台も起きない。

「絶対にない!」

と断言出来ます。僕が困るしwww


例えば。。、

■ 六本木交差点
金曜日夜
芋洗坂への左折。

横断歩道に近辺含め人影が途切れるのは、一時間当たり一体何秒あるでしょう?

■ 中野駅北口ロータリー
土日の午後
ブロードウェイ方向への横断歩道の通過。

横断歩道の近辺に人が途切れるのは、一時間当たり何秒あるでしょう?

■ 三車線の大通りで黄色い車線区分ラインの左折レーンを走行中、先行車が停止。駐車してしまったら?

退くまでずっと動けませんね!


■ 三車線以上の大通りで、工事で車線が時間帯によりしばしば変わる。しかも、右折の路面標示が暫定で簡易なテーピング表示。右折レーンが見た目消えているが、実際には右折は出来たりする。

虎ノ門、虎ノ門二丁目や汐先橋、渋谷警察前など。

自動運転くんは、一体どうやって対応してくれるのでしょう?

課題は山盛りでしょう!


■ 道路交通法や関連する法律などを幅広く変更して

■ 道路や信号の設計も何点かどうにか作り変えて

■ もれなく工事による車線の状況が公的に登録されて

■ グーグル他で取り込んだり出来るようになって

■ 連絡ミスや登録、タイミングのズレ、ソフト業者、車製造業者、利用者設定の責任範囲の取り決めがされて

■ 何件もが訴訟対象になって何年も経って

そこそこ安心して素人の庶民がストレス無く安価に使えるようになることでしょう!

孫の代?
posted by もふもふ 【タクシードライバー】 at 13:54| 東京 ☔| Comment(2) | タクシー業界の未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ランキングバナーをポチっとして頂けましたらとても嬉しいです!更新の励みになります(^^♪

FC2 ブログランキング

転職活動ランキング

ドライバーランキング
にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ

にほんブログ村