2020年02月20日

■ コラム:空間の確保:右左折とUターン/方向転換の多用

0750050A-5CD8-4006-B0B2-555D8A8D1FDD.jpg


「空車のいない空間をどれだけ自分の前に確保しているか?」

自分のその時々の価値、あなたの今の存在意義はそれで決まります。

少し大袈裟な表現ですが、仕事中は

「出来るだけ素早くお客さんを乗せるため」

に道路にいるのですから!

他の空車の居ない空間を出来るだけ腐心して、工夫して創出し、そしてそれを出来るだけキープしたまま移動することに努めましょう!

では具体的にどうすればいいでしょうか?


■ 冗長に右左折する

例えば品川駅高輪口から空車で六本木方面に帰る時、魚藍坂を降りてきて、ただそのまま古川橋に向かうと、ほぼ間違いなく他の多くの空車の後につくことになりますよね?

そこで少しひねって、魚籃坂降りたところで右折して三の橋からひょっこり出てくるようにしてみたらいかがでしょう?

どちらがより素早く乗せることができそうですか?



大通りを漫然と流すより、意識して曲がる回数を多くする方が、自分の前に空車のいない空間をより早く確保出来るのではないでしょうか?

すなわち乗車率を高める事が出来そうではないでしょうか?



別の例になります。

■ 誰もUターンしてない交差点でUターンする

飛行機で帰るお客さんなどを浜松町まで乗せることが多いと思います。

大概は右折してモノレール乗り場、ビルの入り口ほうに降ろしますが、電車のガード下などの横断歩道近辺とか、道路の左側に付ければいいと言う場合も折々あると思います。

さてその後の動きはどうすれば賢明でしょうか?

以前は何も考えずそのまま進んで、高速下の大通り(海岸通り)に出て左折していました。

すると時間帯によっては、そこの左折に時間がかかる上に、汐留地区の大きな交差点、汐
先橋で左折するときに、他の空車の後に並んだり、長い信号二個を延々と待ったりします。

あるいはもっと先の、またもや長い交差点を過ぎても、未だ何分も乗せられない事も多かったのでは無いでしょうか?

そんなこんなで、実に時間を無駄にしていたと思います。



この頃は、どうしてるかと言うと、海岸通りの交差点でUターンをしてすぐに駅や大門のほうに向かっています。他車とタイミングがずれますので大門までに乗せられることもありますし、そうでなくても大門まで行けば、どっちに進もうが自由自在、十分に可能性のある良い流しを直ぐに始められますね〜

海岸通りの手前まではUターン禁止ですが、海岸通り、高速下の交差点はUターンできるのですね〜

その事をはっきりと意識してご存知でしたでしょうか?

これは一例ですが、どこがUターンできてどこができないか?
8時から20時なのか?

一日中なのか?

これらをありとあらゆるところでチェックして、頭に入れておくこと事は、非常に重要かつ有効です!

Uターン出来るとこでは、した方が得な場合はかなり多いようですしね〜
♪♪♪

ちなみに、外苑西通り北向き青山三丁目交差点はUターン出来なそうに見えますが、実は出来るってご存知でしたか?

黄色い標示は中央分離帯に切れ目があった頃の名残で無効です。これは所轄の警察から電話もらって聞いたので間違いありません!


■ Uターン出来る大通りの途中(主に信号待ちのお尻に着く前に)Uターンする

余談ですが、見るからにUターン出来そうなくせに出来ない旧山手通りは嫌いですorz

逆に
、駒沢通りの恵比寿〜槍ヶ崎は意外なことにUターン出来ますので、1人だけ向き変えて戻ると広々と空車いない空間を自分の前に確保出来ますよ!

さらに!

恵比寿南で容易にポールポジションを取れたりしますよ〜♪


そう言うところでは流しながら常に道路の反対側も睨んで、虎視眈々とUターンでお客さんを掻っ攫うことを狙いましょう!

実際、恵比寿駅への上りで、お客さんが見えたのであざとくUターンして、駒沢通り下りのお客さんを乗せたことも一度や二度ではありません。


ただし、全体的に言うと、Uターンして乗せようと思っても直ぐにUターン出来ないことも、しばしばあります!

1:中央か路肩で狙って待機、あるいはゆっくり流しています。
2:すると対抗車が流れていて、なかなか途切れず、チャンスが延びる。
3:そのうち空車も来てしまう。

はっきり言ってそう言う方が多いです。でもめげないことですね〜♪

何故ならロスする時間はごく僅か、成功すれば1、2分使うだけで乗せられます!

平均して5分以内で乗せ続けてる人はどこにも居ませんので。



再始動した際も、他の車と動きだしのタイミングずれていて、良いタメになることもあります。

正直言って、逆に単に後続車の邪魔になっただけで、誰の得にもならないことも勿論数多くありますorz


■ 法則の導き出しと応用、試用

こう言った個別の場所の特性を観察して、研究して、具体的に覚えて常に念頭に置いておくことに加えて、

「こういう場合は、こう動くと有利」

と言った原理原則を導き出して、行く先々で当てはめて応用を効かせることも重要だと思います。

そうすると。。。

例えばめったに行かない北千住や新小岩に行っても、もしそこで試しに流しても、ちょっと観察と研究をすれば、割と直ぐにそこそこうまく立ち回ることができるようになると思います。


連なって行き来するよりも、真ん中へんの路地から顔だして来た方が有利だな!とか(笑)


こんな調子で、常にどこでも気後れせずに、やるならやる、そこ専門のロコにも負けない緩急つけたエグい動きで、他車を出し抜きましょう!

脇からひょっこり出て来て、目の前にぶら下がっているお魚をかっさらいましょう♪(^_−)−☆



たとえ右折する空車が5台連なっていて、たとえ自分が3台目でも

「自分だけは乗せる!」

そう言ったメンタリティ、気構えを維持することが肝要です!!!!



実際一人だけゆっくりふくらんで曲がって、控えめに佇んで待っていた人が、1台目、2台目が突っ走って行った後、おもむろに静かに手を挙げてくれることが何度もありました!^_^

「自分だけは乗せる!」

そう言ったメンタリティ、気構えを維持することが肝要です!!!!










posted by もふもふ 【タクシードライバー】 at 10:53| 東京 ☀| Comment(4) | 高営収ドライバー:プロフェッショナルの条件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ランキングバナーをポチっとして頂けましたらとても嬉しいです!更新の励みになります(^^♪

FC2 ブログランキング

転職活動ランキング

ドライバーランキング
にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ

にほんブログ村